【正規品保証】のkarendollへようこそ。信頼ある有名ブランドの正規品ラブドールのみを販売しています。電話注文:0952-60-6888 メール注文:office@karendoll.com

karendoll ラブドール通販店

ラブストーリー(ドールを題材にした映画 )

性処理目的で製作され、近年では造形や感触がよりリアルになっているLove doll。そんなラブドールですが最近はその美しさにも注目が集まっており、アートとしてピックアップされたり、女性にも愛されたりと様々な場面で活躍しています。ラブドールを題材にした映画『ロマンスドール』は2020年1月24日(金) 全国公開のニュースが発表されるとすぐに、karendollのトラフィックは急増しました。この機会に、私はいくつかリアルドールを題材にした映画を紹介します。

その①『ラースと、その彼女』(2008年)
その②『空気人形』(2009年)
その③『ラブドール 抱きしめたい!』(2009年)
その④『ロマンスドール』(2019年)

芸術作品としてのラブドール

リアルなセックス人形は、実際に人々にセックスとエロティシズムを可能な限り現実的にするために構築されましたが、長年の愛好家の過程で、彼らはいくつかの愛人形愛好家にもっと関与しました。彼らは仲間になり、パートナーになり、美しい芸術品にさえなり、最終的にそのような人々はもはやセックスをしなくなるほど遠くまで行きます。

マスメディアの表面的で虚ろな考察におけるラブドールの話題になると、この物語は、彼の創造物に恋をしてから彼女とセックスをした彫刻家によって何度も広まります。しかし、今日の現実は通常非常に異なって見えます。人々は見知らぬ人によって作成された作品に恋をし、フィールドの芸術愛好家はラブドールとセックスをしないか、めったにセックスをしません。

なぜダッチワイフの友人のこの派biggerが大きくなり、ラブドールとセックスをしていないのか、私は本当に分析したくありません。それはまた、多くの個々の理由とその背後にある人生の経路のためです。むしろ、今日の愛の人形がなぜ頻繁にアートオブジェクトになるのかを考えたいだけです。

私は数年前に、生きているモデルを撮影したが、個人的にはシリコンドールが好きだったプロの写真家と書きました。彼はその後、彼のラブドールは実際にはセックスのためにかろうじてそこにいると言ったが、彼はついに、口論、自己愛情、過度のねじれモデル、そして時間のプレッシャーとクライアントの仕様なしで写真に執着することができたと語った。

リアルドールに関する芸術的情熱を満足させる

充実した情熱、満たされていない夢、そしてアイディアの幅が、リアルラブドールを多用途にします。視覚的に完璧な女性とのリラックスしたセックスとエロティシズムは、セックスドールを満たすことができる情熱の1つかもしれませんが、彼らが満たすことができ、彼らの芸術的ストリークを満たすための情熱であり得​​る多くの情熱があります。

そして、プライベートのダッチワイフの友人は、主流のアーティストとはまったく異なる方法でそれを行うことができます。これらは、以前は大人のドールを無視したか、「社会の終わりの始まり」または「奇妙な挑発」として無慈悲にそれらを提示しました。しかし、ラブドールの愛好家は、ドールの熱意、喜び、そしてある種の素晴らしい遊び心で写真に写っています。そこでは、ラブドールの表現で働き、すべてを可能にします。

その後、ラブドールは水彩画、漫画のキャラクター、数千の異なる表情を持つ少女になります。または、彼女は画像シリーズなどを移動するキャラクターを取得します。ラブドールは、社会の脅威や抑圧的な失敗の表現にはなりませんが、あらゆる楽しみ、あらゆる衣装、あらゆるポーズに対応する魅力的なモデルになります。

ラブドールのこの魅力は素晴らしいですし、今日もフォーラムの投稿を見るのが好きです。ラブドールは人形を素晴らしいアートオブジェクトにし、写真のすべてのピクセルで恋人の愛、友人、想像力を見ることができます。いくつかの写真では、彼らに対する人々の愛は非常に強く、主流のアーティストの魂のないイメージとは対照的です。